HOME >> 堆肥を作る段ボール >> 有機農業が注目を浴びています

有機農業が注目を浴びています

食の安全が取りざたされている現在は、"有機農業"が注目を浴びています。

化学肥料だけを用いた農業に比べて堆肥づくりなどに大変な労力がかかり、現在では"有機農業で作られた野菜"と言えば安全性と美味しさの両方をかねそなえている贅沢野菜の代名詞のようにさえ思われています。

そして有機農業で基本となるのが"土づくり"で、いかに"良い作物"を作ることができるかは、いかに"良い土"を作ることができるかにかかっており、さらにいかに"良い土"を作ることができるかはいかに"良い堆肥"を作ることができるかにかかっています。

また有機物を微生物によって完全に分解させた肥料である"堆肥"は"コンポスト"とも呼ばれていますが、厳密に言えば昔ながらの落ち葉や乾燥させた雑草を土に混ぜて積み上げ、時間をかけてじっくりと自然発酵させたものが"堆肥"で、強制的に短時間で発酵させたものが"コンポスト"であると言う人もいます。

さらに飛躍して、生ごみを堆肥化させる容器をコンポストと呼ぶこともあります。


堆肥を作る段ボールは情報収集にお役立てください。

リサイクルの仕方や段ボールで作るコンポスト、そして循環型社会の理想等のお話をしています。