HOME >> 堆肥を作る段ボール >> コンポストの種類

コンポストの種類

コンポストの種類

家庭でも出来るコンポストに段ボール式がありますが、ここでは大量に堆肥が作れる種類についてお話しています。

生ゴミ処理といっても、その方法は様々にあります。

焼却という古典的な方法からバイオテクノロジーを駆使したものまで多様です。

処理方法を選ぶためには、それぞれの仕組み、デメリットを知っておくことが重要です。

「バクテリアが生ゴミを超減容化」

最も注目を集めている方式が生ゴミの有機成分をバクテリアで水と炭酸ガスなどに分解し減質量化する超減容型です。

処理槽内でバクテリアは生ゴミのたんぱく質など様々な有機成分を分解します。

「超減容型水処理式生ゴミ処理機」

環境への配慮を考えた最先端の全自動生ゴミ分解消滅システム。

ゴミ箱感覚で捨てるだけであとは全自動で生ゴミを減容。

従来の消滅型タイプのレベルを超えた水処理式が理想的な生ゴミ処理を実現します。

分解できるものであれば、すべて水溶液となって排出し残留物はゼロ。

イヤな臭いが発生しない。

手間がかからない。

分解速度が速いため処理時間が短く、生ゴミの連続投入が可能です。

「全自動コンポスト式超減容型生ゴミ処理機」

バクテリアが生ゴミを超減容化。

循環型社会の構築と環境保全に貢献します。

コンポスト式は、環境への配慮を考えた全自動生ゴミ処理機で、15kg~1000kgの小型から大型機まであります。

コンポスト式は分解能力に優れたバクテリアを使用するにより分解効率を高め、残渣率を低く抑えることができます。

堆肥は有機物が単に腐った物体ではない。

堆肥を作る過程には微生物が複雑に作用されている。

堆肥1グラムには約200万の微生物が含まれ、何億もの微生物がお互いに食べたり食べられたりしながら複雑な生態系を作り上げている。

上手に積まれた堆肥は発酵する過程で雑草の種を枯らし、人間や野菜への病原菌をほとんど殺してしまう。

堆肥を作っている人は多いけれど、堆肥の質にも善し悪しがある。

質の高い堆肥を作ることは畑の他の問題を改善するから、農作業が随分ラクになる。


堆肥を作る段ボールは情報収集にお役立てください。

リサイクルの仕方や段ボールで作るコンポスト、そして循環型社会の理想等のお話をしています。