HOME >> 堆肥を作る段ボール >> 設置の仕方

設置の仕方

次はいよいよ、段ボール箱の設置です。

段ボール箱は組み立てていないものであれば、底の中央部分に1本だけガムテープを貼っておきます。

プラスチック容器などは空気を通しませんが、段ボール箱の場合ある程度通気性が確保できるので発酵にはもってこいの状態を維持することができます。

次に新聞紙を底に敷いて"腐葉土"を入れるのですが、この腐葉土の中には酸素を使って発酵を促しそれによって得られたエネルギーで繁殖を繰り返す好気性の微生物がいて、堆肥づくりに大きく貢献しているのです。

腐葉土の次は"米ぬか"を入れ、米ぬかの塊が残らないようにスコップで腐葉土とよく混ぜ合わせたらしっとりする程度に水を入れて水分調整をします。

この時に水を入れ過ぎると通気性が悪くなって好気性の微生物にとっては好ましくない環境となって堆肥化もうまくいかなくなるので気をつけましょう。

こうして分解床が完成したら、段ボール箱の下に木片などをしいて隙間を作り軒下や、ベランダの雨のかからない風通しの良い場所に置いておきます。


堆肥を作る段ボールは情報収集にお役立てください。

リサイクルの仕方や段ボールで作るコンポスト、そして循環型社会の理想等のお話をしています。