HOME >> 堆肥を作る段ボール >> 段ボールが堆肥に適している

段ボールが堆肥に適している

段ボールが堆肥に適しているのはどうしてでしょうか。段ボールはどこでも手に入ること、適宜な水分調整が容易なことなどがあります。大規模な堆肥作りではとても間に合わないのですが、発酵を学ぶための材料として、あるいは生ゴミを減らすことに主眼をおいた堆肥作りには段ボールが活躍します。段ボールは保温性もあり、発酵熱が外に逃げるのを抑制するため、連続的な発酵作用が続きます。
堆肥を作るのに段ボールが適しているといっても、何もしないで放置しておくだけではよい堆肥はできません。ぬか床と同じように一日に1回程度は攪拌する必要があります。これは生ゴミを投入した時に攪拌することで十分です。底から均一になるよう、いわゆる天地返しのようにして十分な攪拌を行ないましょう。残念ながら悪い菌が発生してしまうこともあります。攪拌時に湯気が出ていない、悪臭がするなどの時は早い目に対処しましょう。特に夏場は発酵も腐敗も早いので早期発見が重要になってきます。細かな網をかぶせるなど、虫除け対策も十分にしましょう。
段ボールは適度に水分を吸収し、外気の湿度との差でいくらかは蒸発します。そのたび毎に段ボールは弱っていくので、段ボールはずっと使えるというわけではありません。強度のない段ボールは二重にするなどして補強する必要があります。外に水分が漏れることもあるので、下にビニールシートなどを敷いておくこともよいでしょう。寒い日には全体を覆ってやれば保温性が増します。


堆肥を作る段ボールは情報収集にお役立てください。

リサイクルの仕方や段ボールで作るコンポスト、そして循環型社会の理想等のお話をしています。