HOME >> 堆肥を作る段ボール >> エネルギー有効活用

エネルギー有効活用

エネルギー有効活用

段ボールを有効活用する事で、地球温暖化を防げるのです。

地球温暖化とは、地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に見て上昇する現象である。

気温や水温を変化させ、海水面上昇、降水量(あるいは降雪量)の変化やそのパターン変化を引き起こすと考えられていて、洪水や旱魃、酷暑やハリケーンなどの激しい異常気象を増加・増強させる可能性がある。

生物種の大規模な絶滅を引き起こす可能性も指摘され、大局的には地球温暖化は地球全体の気候や生態系に大きく影響すると予測されている。

ただし、個々の特定の現象を温暖化と直接結びつけるのは現在のところ非常に難しい。

こうした自然環境の変化は人間の社会にも大きな影響を及ぼすと考えられている。

例えば、真水資源の枯渇、農業・漁業などへの影響を通じた食料問題の深刻化、生物相の変化による影響などが懸念されている。

気候システムの変化は、自然の内部的プロセスと外部からの強制力への応答との両方によって変化する。

外部強制力には人為的要因と非人為的(自然)要因がある。

その外部強制力には、下記のようなものがある。

温室効果ガス:主に二酸化炭素、メタン、ハロカーボンなど。

オゾン:対流圏および成層圏。

アルベドの変化:土地利用の変化など。

エアロゾル。

太陽放射の変化。

要因ごとに地球温暖化への影響力は異なり、放射強制力で表される。

放射強制力が増加すると、地球に入る太陽放射エネルギーと地球から出る地球放射エネルギーとのバランスが崩れ、バランスが取れるようになるまで気温が上昇し、地球温暖化が進むと考えられている。

二酸化炭素やメタンは環境中での寿命が長く影響力も大きいとされる一方、水蒸気のように相反する効果を併せ持つものもあり、オゾンは対流圏と成層圏で働きが異なると考えられている。

複数の温室効果ガスを合算して取り扱う際は二酸化炭素または炭素の量に換算する場合が多い。

段ボールを使ったコンポストで、生ゴミが減る事は、そのゴミを燃やす為に必要は燃料が少なくてすみます。

現在、温暖化が将来の人類や環境へ与える悪影響を考慮して、さまざまな対策が立てられ、実行され始めている。


堆肥を作る段ボールは情報収集にお役立てください。

リサイクルの仕方や段ボールで作るコンポスト、そして循環型社会の理想等のお話をしています。