HOME >> 堆肥を作る段ボール >> 生まれ変わり

生まれ変わり

生まれ変わり

段ボールは段ボールになりますが、古紙からは新聞紙やトイレットペーパーになります。

リサイクルとは、本来は再循環を指し、製品化された物を再資源化し、新たな製品の原料として利用することである。

日本では古くから紙のリサイクルが行われているが、ほかにもぼろ布、アルミ缶、スチール缶、ガラス、蛍光灯電池類、ペットボトル、タイヤ、食用油などがリサイクルされている。

リサイクルは大きく、マテリアルリサイクル(素材としての再利用)とサーマルリサイクル(熱としての再利用)に区分される。

現代のリサイクルは、主に政治的、経済的目的のための「商標」としての役割が強く、現状としてはメーカーは赤字に転じることが多く、世間で認識されているほど行われていない。

また、全てのリサイクルが環境によいわけではなく、「リサイクル=環境に優しい」とも限らない。

リサイクルを行う際での課題として、回収時の不純物の問題、リサイクルを行う際にかかるエネルギーの問題、リサイクルを何度も行うことによる不純物の濃縮の問題などが挙げられる。

「回収時の不純物」

空き缶中の吸い殻、古紙中ラミネートなど、純度を下げるものが回収物の中に入ってしまい品質が落ちる。

「リサイクルのエネルギー」

リサイクルすること自体にエネルギーがかかる。

一度原料のレベルにまで分解するという過程を経るため、場合によっては焼却処分以上にコストとエネルギーを余計に使う場合もある。

「リサイクルの不純物」

たとえば鉄のリサイクルでは、不純物元素濃度がリサイクルのたびに上昇する。

シュレッダーで処理された紙は、用途によってはパルプ繊維が切り刻まれているため再生には不利である。

再生紙を作る工程において必要以上に石化エネルギーを消費している紙はトータルとして決して地球環境にいい商品とはいえない。

最近では紙を作るために熱帯雨林や天然林を伐採することなく、遊休牧地や荒廃地にユーカリ・アカシアを植林したものをチップ輸入してパルプから作られた紙が大半を占める


堆肥を作る段ボールは情報収集にお役立てください。

リサイクルの仕方や段ボールで作るコンポスト、そして循環型社会の理想等のお話をしています。